ターンオーバー・・・肌にとって大切な「28日間

ターンオーバー・・・肌にとって大切な「28日間」

肌の一番外側にある表皮では、常に新陳代謝がおこなわれています。

そこにかかる日数は約28日のサイクルですべての細胞が入れかわります。

表皮は、真皮に近い深部から順に基底層、有棘層、顆粒層、角質層の4層に分かれているのです。

基底層でつくられた細胞が徐々に押し上げられ、約14日間かけてもっとも外側に位置する角質層までたどり着くというわけです。

そして、角質層の細胞はさらに14日間かけて、表面から順に、垢となってはがれ落ちていくというわけです。


肌は毎日生まれ変わっています。

また、肌をこすったときにでる白い垢。

これは古い角質と皮脂のまざったものなのです。

角質層とは角質細胞がブロックのように積み重なってできているのです。

それをカバーするように皮脂が膜をはっているというわけです。

この皮脂膜で肌は守られながら、古い角質が順番に押し出されていくのです。

そう考えてみると、落としきれなかったメイクの色素が、肌から吸収されて、奥へと入りこむことがありえないことがわかりますよね。

肌は日々このように、古い角質を外へ外へと押し出し、排泄していきます。

ターンオーバーが正常に機能していれば、表皮の細胞は生まれ変わります。

そして、28日前の細胞とは違う、新しい細胞になるというわけです。


ターンオーバーは、はやすぎても遅すぎてもいけないといえます。

ピーリングでは、角質を人工的に取り除くのですが、まだはがれる準備のない細胞までも無理矢理にはがすと、肌のバリア機能が働きません。

それが原因で肌荒れや乾燥を引き起こすことがあるのです。

逆に、ターンオーバーがうまく進まないことでも、取り除かれるべき角質が肌に残ってしまいます。

その古い角質が毛穴や汗の線をふさぎ、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしたり、肌のハリや弾力が失われたりもします。


お肌のターンオーバー最適化でアンチエイジングを!



ライスビギンで肌改善!ライスパワー配合薬用オールインワンがお買い得! トップページ


FX業者