朝と夜の洗顔をしっかり区別する

朝のケアと夜のケアを変えれば、肌はぐんぐんよくなる!


朝と夜の洗顔は「別物」と思ってください!

では、肌がもともと持っているターンオーバーの自浄力を働かせるためには、どのような洗顔をすればいいのでしょうか?


それには、まず夜と朝とでは洗顔法を変えることです。


夜の洗顔とは、1日メイクをしていたあとですので、その日の汚れがついていますから、ある程度きちんとしたいところです。

夜の落ち着いた時間帯には、スキンケアを通じて、自分の肌にふれてその状態を確認しましょう。

健康管理のうえでもとっても大切ですし、顔の筋肉をほぐすリラックス効果も考えられます。

毎晩の儀式的な行為としてスキンケアをするのは、1日のおわりを実感するうえでもとても効果的です。

ゆったりとした気持ちになり、眠りにつきやすくなるというメリットもあるからです。


でも、朝の洗顔はどうでしょう?夜のように入念な洗顔は必要でしょうか?

寝ているあいだには活発に新陳代謝がおこなわれていますので、古い角質は分泌された皮脂とまじって垢になります。

確かに取り除く必要はあるとおもいますが、毛穴につまったりする前に自然に取れていくものなのです。

多少肌に残っているにしても、洗顔料を泡立てて取るほどの量ではないのです。



そもそも夜にスキンケアをし、その時点でベストな状態の肌をつくっているのですから。

前夜にせっかくしっかり保湿ケアをしているのに、翌朝、また夜と同じように洗顔してしまうことは、その保湿効果を、一瞬でリセットすることになってしまうということをわかってください。



ライスビギンで肌改善!ライスパワー配合薬用オールインワンがお買い得! トップページ


FX業者